ゼロ磁場の奇跡!音響免疫チェア

羊水の響き「波動医学」は子宮に回帰する

「波動」「断食」は新医学の2大潮流

ルドルフ・ウィルヒョウ

「波動医学」は、近未来医療の柱となる。
そのことを、わたしは『未来を救う「波動医学」』(共栄書房)で宣言した。
ちなみに、もう1つ、新医学の柱がある。 それが、「断食医学」である。英語でファスティングという。 古代ヨガの教えに「断食は万病を治す妙法」とある。 わたしは、「断食」(ファスティング)の効用についても、エビデンス(証拠)をそろえて解説している。 それが『食べないひとは、なぜ若い』(ヒカルランド)を初めとする一連の著作である。

つまり――「稼働」(バイブレーション)と「断食」(ファスティング)こそ、近未来医療の二大潮流なのだ。 この2つを理解しなかかぎり、未来医療は、いっさい判らない。 それは、はっきり断言しておく。 しかし、皮肉なことに、近代からの医学は、これら「波動」「断食」を、まったく黙殺してきた。 それどころか、敵視してきたのだ。それは、現代医学でも、まったく変わらない。 彼らは「波動医学」「断食医学」を、“迷信”とせせら笑う。 現代の医者の大半は、「波動医学」をオカルトと嘲り、「断食医学」を患者虐待と避難するのだ。 彼らの頭の中にあるのは、旧弊な“ウイルヒョウ医学”である。

「近代医学の父」とされるルドルフ・ウィルヒョウ(元ベルリン大学学長)は「生命は物質に過ぎない。 物体に、自然に治る力などない」と、自然治癒力を真っ向から否定した。 この“狂人”学者が唱えた医学理論が、いまだに医学教育(狂育)のド真ん中に鎮座している。 つまり、現代の医者たちは、すべて、このマッド・ドクターの狂気の理論を学んで医者になり、医学博士になったのだ。 だから、彼らの医学理論は、狂っていて当然なのだ。 狂った医学理論を、“真理”と信じてきた彼らが、気の毒でならない。 そうして患者は、彼らの手にかかって病気が治るどころか次々に殺されている。 これらの患者たちの無念を思うと、やりきれない。

ソファの背中から聴く「音響免疫療法」

しかし、心ある医師や研究者たちは、ウイルヒョウの虚妄に気づき始めている。 その根深い呪縛から、みずからを解放し、新たな医学の地平に旅立っている。 そして、新医学の光明を求めていた彼らが、たどり着いたのが「波動」「断食」の二つの潮流(トレンド)なのだ。 波動療法には、さまざまなパターンがある。 「生命エネルギーこそ、波動エネルギーなのだ」(『未来を救う「波動医学」』前出) だから、波動を正すことは、生命エネルギーを正すことなのである。 その意味で、東洋医学は、ほとんど波動医学といっても、過言ではない。 ヨガから始まり、瞑想、呼吸、気功、鍼灸、手かざし(ハンド・ヒーリング)……なとなど。 これらの効用を、最新の現代科学が、次々に証明している。 これら、さまざまな波動医学の中から、今回は、もっともユニークな“療法”を紹介しよう。

それが「音響免疫療法」だ。 それは、どのように“治療”するのだろう? これが、その施術中の写真である。 若い女性が黒い安楽椅子に腰掛けている。 目の前にあるのは大型液晶パネル。その映像を観賞しながら、“治療”するのだ。 写真には「音響3D」とある。つまり、立体音響――という意味だ。 その音の響きは、いったいどこから聞こえてくるのだろう。 それは、なんとソファに接した背中から、“聴こえる”のだ。

母親の胎内の “羊水の響き” の奇跡

胎児

この音響チェアの名前は“羊水の響き”――。
商品「解説パンフ」は、その由来を語る。

「胎児期、母親のお腹のなかで、耳でなく脊髄の感覚器官で羊水の響きで音を感じていました。脊髄の響きに、心と身体が興奮するのは、このためです」 なるほど、子宮内で成長する胎児には、まだ耳もなく聴覚も発達していない。 しかし、耳のない胎児は、母親の心臓の鼓動(心音)を聴きとっています。 それは、どこで“聴いて”いるのでしょう? 脊髄で聴いているのです。 脊髄を震わせた母親の心音は、胎児の脳に骨伝導で伝わります。それは、まさに母なる生命の鼓動です。 その力強い響きが、胎児の生命リズムとなって刻まれるのです。

「音響免疫チェアで、耳の鼓膜でなく、生命の急所、脊髄の感覚器官、中枢反射神経への『映画』『テレビ』『音楽』を“羊水の響き”の波動エネルギーに変え、脳内麻薬エンドレフィンの麻酔作用で、心と身体を幸せにし、病を治します」 「急所脊髄への羊水エンターティンメントの響きは、西洋医学の域を越えた、病を治す自己免疫療法です」 そこには、“病は自分でしか治せない”――という発想が根底にある。 つまり、体内に備わった自然治癒力を、音響波動で活性化させるのである。 だから、「音響免疫療法」――。 患者は、ただこのソファにゆったり、身を休めるだけでいい。 すると背中を通して、えもいわれぬ美しい音楽が体内に湧き起こり、響き渡り、全身が深い感動と陶酔に満たされる。

ゼロ磁場パワースポットと古代文明

西堀博士の発明品

開発者、西堀貞夫氏(80才)の別名は、日本の“発明王”。経歴も卓抜している。 東京大学医学部を経て、アメリカに渡り、ハーバード大学医学部で学んでいる。 その後、日本政府のさまざまな国家プロジェクトにも参画し、数多くの発明特許を取得している。 たとえば――海洋浄化技術、ウッドブロック(プラウッド)、高速道路緩衝装置、光触媒……などなど。 東京、五反田の事務所でお会いすると、80才とは思えぬエネルギッシュな方だ。肌の色つや、血色もいい。

「音響免疫やっとるからですよ!」と、豪快に笑う。

『音響免疫療法』(幻冬舎)、『ゼロ磁場ならガンも怖くない』(ヒカルランド)などの著作もある。 「音響免疫療法」の基礎は“ゼロ磁場”にある、という。 ゼロ磁場とは、地球の磁力N極、S極の磁場を打ち消すほど強い磁場をいう。 事務所を訪ねると「ここに、お座りください」と招かれる。 目の前の机には、磁石が数十も置かれている。 それぞれ、針はN極、S極の方角を向いている。 ところが、机の特定の箇所に集めると、針の向きでバラバラになる。

「この位置が、ゼロ磁場です」(西堀氏)

彼によればナイル川河口、インダス文明の遺跡など、古代文明の発祥の地は帯状地帯に連なっている、という。 日本でも、中央構造線沿いに、伊勢神宮、諏訪神社など神宮や遺物が並んでいる。 つまり、そのゼロ磁場こそが、パワースポットなのだ。

音響チェアで体内ゼロ磁場渦が発生

映像シアター

西堀氏は力説する。

「伊勢神宮は、ゼロ磁場・磁気エネルギーの“渦”です。それは、巨大な断層地帯のエネルギーの押し合う場所です。その地震地帯、中央構造線の磁気エネルギーの強い“ゼロ磁場”にあります」

ゼロ磁場と生命は、どうリンクしているのだろう。
「血液は。強磁性の鉄イオンです。鉄の匂いと味がします。つまり、身体は“生体磁石”なのです。伊勢神宮の“ゼロ磁場”磁気エネルギーの渦と、人間の持つ生体磁石の磁気エネルギーの魂の渦が、お互いに『磁気共鳴』し、心に“神”を感じるのです」
つまり、音響チェア“羊水の響き”は、背中から音響を入れることで、磁性鉄イオンを活性化し“ゼロ磁場”エネルギーの渦を体内に発生させる、という。 西堀研究室には、5台の音響チェアが設置されている。 すると、そこから発生する“ゼロ磁場”磁気エネルギーは、付近の机の上にまで及んでいた。 机上でコンパスの指針がバラバラになったのが、その証拠だ。
さらに、“ゼロ磁場”は、奇妙な現象を示す。 コンパスの指針が縦方向に連なる。不可思議なことに、それを横断して磁針は、横方向にもつながるのだ。

「これは、キリストの十字(クロス)ですよ。十字架には、深い意味があったのです」

西堀氏は、やや興奮気味に語った。

“羊水の響き”は胎児を38℃に温める

映像シアター

なぜ、西堀氏は、この音響チェアを“羊水の響き”と名づけたのか? 「私たちの生命は、海から誕生したでしょう?」 「母なる海といいますね」 彼はうなづいて解説する。 「私たちは、母親の羊水の海で育ちます。三五億年の生物進化の歴史を見せて、胎児となります。  羊水の波紋の響きの波動エネルギーは、胎児を38℃に温めるのです。  さらに、尿で汚れた羊水を浄化し、胎児の水分80%の細胞を育てているのです」 つまり、音響チェアは、この生命の奇跡を患者の体内に起こすのだ。 それにしても、“ゼロ磁場”には不思議な効能がある。 “ゼロ磁場”が発生した机の前に座っているだけで、身体が芯から温まり、汗ばんでくるほどだ。 女性スタッフが「体温を計ってみましょう」で、測定すると37度2分もあって、驚いた。 わたしは、平常体温がいつ計ってもビタリ36度5分。 これが、部屋に入って30分足らずで、0.7℃も上昇していたことに驚いた。 「音響チェアに座ると、さらに体温は上がりますよ」 西堀氏は、幾つもの測定データを見せてくれた。 なるほど……ビフォ、アフターでは、全員、2℃ほど高くなっている。 つまり、“ゼロ磁場”を発生させる音響チェア“羊水の響き”は、子宮内の胎児と同じように、患者の体温を38℃に高めるのだ。

生まれて初めて!神秘的音響体験に驚く

中空ストロファイバー

音響波動で脊髄に伝え、その波動エネルギーで“ゼロ磁場”を生み出し、患者の体温を高める。 その工夫に、西堀氏は精魂を傾けた。 まず、スピーカーに金属ネジなど使ったらだめ。接着剤の生体由来、さらに背中に当たる素材には 人工血管に使われる柔らかい【中空ストロファイバー】を使用。
「バイオリンの弦、パイプオルガンの共鳴管、光ファィバーの響きで、羊水の波紋の横波の響きを再現しました。耳ではなく、生命の急所、脊髄で聴くのです」(西堀氏)

この音響チェアには、背中の部分には合計7個数のスピーカーが装着されている。 そこから、体内の脊髄に音響の波動刺激で伝導し、脊髄を震わせ、その波動で、脳の聴覚が刺激されるのだ。 西堀氏は、「空気の音は、死んだ音、羊水の響きは、生きた音」
という。 わたしは、この音響チェアを何度も体験している。 そのたびに、その音響体験には心底、驚嘆する。 音源は、CDやDVDである。 たとえば、男性コーラスを耳で聞く。 まったく、ただの“音”にしか聞こえない。 しかし、音響チェアに切り換えた途端、体内から男性コーラスが高々と沸き起こる。 その歌声は、神々しいほど、魂を揺さぶる。 あたかも、みずからの身体が、オペラ劇場になったような気分だ。 つまり、音楽が“身体の中”から湧き上がる。 この体験は、実際に音響チェアに座ってみないと、わからないい。 わたしは、オーディオ・マニアの方に、ぜひ、おすすめしたい。 生まれてこのかた体感したことのない、音響体験に仰天されるはずだ。

生命の奇跡を起こす映像ルームシアター!

映像シアター

西堀氏は、この画期的な音響ソファを、医療器具としては申請しない、という。 「あくまで、エンターティメント商品として広めます」 とニッコリ。 それは、正しい選択だと思われる。医療器具なら、厚労省管轄となる。 “かれら”は、医療器具や医薬品も、すべて“利権”として傘下に納めようとする。 審査という名の“イヤガラセ”もある。 しかし、娯楽商品なら、広く自由に広めることができる。 なるほど、不特定多数に販売するとき医療効果をうたうことはできない。 そこで、西堀氏は「ゼロ磁場・音響免疫療法患者の会」というNGO(非政府組織)を発足させている。 この会員になれば、この音響チェアを体験できる。 さらに、彼は「ゼロ磁場・音響免疫療法学会」も発足させている。 やはり、これら会員組織なら、様々な健康効果も共に体験、研究できるわけだ。 その謳い文句が―― 「生命の奇跡を起こす、脊髄急所で響く映像ルームシアター!」 体温を上げ、心身をリラックスさせるという生理効果以外も、注目すべきだ。  その体内から聴こえてくる音響体験は、客をとりこにするだろう。 現在、VR(バーチャル・リアリティ)体感エンターティメントが注目されている。 さらに映画も3Dが当たり前になってきた。 劇場などでこの音響ソファを導入したら、観客の感動は、さらに増す。 エンターティメント産業からも、今後、熱い視線を集めるだろう。

中国政府が全面支援する「音響免疫療法」

中国政府が全面支援

「この音響チェアは、どこで、つくっていると思います?」 わたしは、ただ首をかしげる。次の言葉には、驚いた。 「中国人民解放軍です」 ビックリするわたしを尻目に、彼はつづける。 「中国政府は、西洋医学に見切りをつけました。あちらは、もともと漢方の本場ですからね」 そこで、北京政府が、着目したのが西堀氏の「音響免疫療法」だという。 「習近平も使っています」と、さらりと言う。 「患者の会」紹介パンフにも明記している。 「中華人民共和国・衛生部、解放軍・総務院301と、上海市政府文化局などと共同で、量子力学の羊水の波紋のエンターティメントの響きで病を治す究極の自己免疫療法に取り組んでいます」 その研究陣には、人民句解放軍の様々な部局が名を連ねている。その他、北京大学、日中友好病院……など。 中国西部が、総力を挙げて支援している背景がうかがえる。

習近平政府が、薬物療法中心の現代医学に見切りを付けたのもうなづける。 代表は抗ガン剤という超猛毒による“ガン治療”だろう。 さらに、放射線、手術を加えてガンの三大療法と呼ばれる。 それが、ガン患者を治すどころか、虐殺しているのだ。 岡山大学医学部での調査では、“ガン死者”の80%は、ガンではなく、抗ガン剤などの副作用で“殺されている”。 つまり、毎年、約30万人が、この医療過誤で殺戮されているのだ。
(参照 拙著『あぶない抗ガン剤』共栄書房)

わたしは、上海市政府文化局が支援していることにも注目した。 これは、国営映画や歌謡、演劇を司る政府機関だ。 つまり、中国政府はネエンターティメントの側面にも注目している、ということだろう。

■音響免疫療法パンフレットを見る
http://command-ex.com/L3629/g4531/132652

■音響免疫療法の体験申込み
http://command-ex.com/L3629/g4531/142652

効目組 白鳥まで
※同業者、覆面厚生労働省の見極めを西堀先生から委託されました。
TEL :070-5015-0086

妄想の現代医学、栄養学に明日はない

ここまで、読んでも既成医学の医師たちは、理解できないのではないか?
近代医学の開祖ウイルヒョウ以来、現代医学にいたるまで、それは薬物療法一辺倒だった。
しかも、生命の本源である自然治癒能力を、根底から否定していたのだ。 まさに、倒錯した医学である。人類の悲劇は、この狂気の医学が、世界中の医学を支配してきたことだ。 こうして、“かれら”は、クスリに頼る化学療法一辺倒に陥った。
それも、当然である。石油王であり医療王であった“20世紀皇帝”ディビッド・ロックフェラーに陰から完璧に支配され、操られてきたからだ。
現代医学の悲劇であり、喜劇は、生命は波動エネルギー体である……という真理に、まったく気づかなかった点にある。 重ねていうなら、古代ヨガでさえ喝破していた「断食は万病を治す妙法」という真理にまったく疎かった悲劇である。
こちらは、やはりニセ教祖である“栄養学の父”ヴァン・フォイト(ミュンヘン大学教授)のエセ栄養学カロリー理論に“洗脳”されたからだ。 つまり、新医学の「波動医学」は、ウイルヒョウ医学を粉砕し、「断食医学」は、フォイト栄養学を完膚泣きまでに粉砕するのだ。
妄想の学問に、いまだ固執している医者、研究者に、明日はない……。

  医療・環境ジャーナリスト 船瀬俊介 (了)

  月刊ザ・フナイ掲載(eブック)で読む ⇒

音響免疫療法 eブックギャラリー(パソコン、スマホ、iPad すべて器機でご覧いただけます。)

会社概要

会社名 効目組(音響免疫療法 患者の会 会員)
設立 平成20年3月28日
事業内容 IT・マーケティング・医療・福祉など
住所 〒212-0027 川崎市幸区新塚越201 ルリエ新川崎701
電話番号 070-5015-0086
FAX番号 044-555-3042
メールアドレス