VISION

新型コロナウイルスで亡くなった患者は、感染防止対策のため「納体袋」と呼ばれる特殊な袋で二重に包まれ、火葬されるのが一般的です。 遺体を入れるため、周囲にぐるりとチャックがついた灰色の「納体袋」。
家族は顔を見たり、最期の別れを言ったりすることができないまま、葬儀会社の車で運ばれて火葬されます。葬儀や告別式もできないケースがほとんどです。
そんなことがあってはいけません。そもそも自分をコロナ感染者と思い込まないで欲しいのです。私の診療を受けてください。正しい判断と生き残れる治療をいたします。

2022年12月より【医師監修】のご依頼を受けております。
◆医師監修資料ファイル(PDF)⇒
◆医師監修 依頼フォーム ⇒

2023年1月15日より【医療電話相談】を開始します。
◆告知パンフ(PDF)⇒
◆【医療電話相談】申込フォーム(開始サービス中)⇒

PROFILE

福島県立医科大学 医学部卒業
北品川総合病院 食養内科 勤務
東京医科歯科大学難治疾患研究所 勤務
東京大学附属病院心療内科研修を経て、
 財団法人朝霞厚生病院 内科部長に就任
2022年 9月 銀座数寄屋橋クリニック 院長に就任

北品川総合病院 食養内科(日野 厚医師)にて、基礎・臨床研修後、故 桜沢如一先生よりマクロビオティック食養生・断食療法の基礎と臨床を学ぶ。
北里研究所 桑木医師の元で漢方医学を学び、自ら組み上げた断食療法で、インスリン依存型の糖尿病患者15名をすベて全快させる。
趣味は、身体トレーニング。 2つのフイットネスジムで、ヨガ、気功、気導術で鍛練中!

MESSAGE

銀座数寄屋橋クリニック では、了徳寺大学で研究しているストレスフリー療法により治療を行います。
ストレスフリー療法の前後に医師による診察、血液検査、血管年齢検査を行います。
血液検査は一般的な検査の他、専用の検査機器を用いて採血した血液から酸化ストレス、抗酸化力、血液ガス、ph測定も行っております。
ストレスフリー療法を行っている最中は血流測定器 (ALF21D)を使用し、治療中の血流量の変化の測定も行っております。
施術前施術後の酸化ストレスと血液ガス・phの変化データをグラフにて下記に紹介します。

銀座数寄屋橋クリニック は【ストレスフリー療法専門】で、他の療法は行いません。
私自身は、休診日に個人出張診療(銀座数寄屋橋クリニック とは関連しない)として「断食療法」「点滴療法」「排毒療法」の指導をしております。

PROFILE